食物繊維が豊富で低カロリーなきのこは、ダイエット食材として活用されてきました。きのこがダイエットに最適な理由は、食物繊維だけではありません。きのこにはダイエット効果のあるキノコキトサンという成分が含まれています。

きのこの中でも、エノキダケ(以下、えのき)にキノコキトサンがたっぷり含まれていることから、ダイエットに効果的な食材としてえのきが注目されています。効率的にえのきを摂ることができる「えのき氷」も、注目を集めました。

そのえのき氷よりも、さらに手軽で効果的にダイエットできるのが、えのきをお茶にして飲む方法です。一体どんなものなのでしょうか。えのきの効能と合わせて、紹介していきたいと思います。

脂肪が燃える?えのきの驚くべきダイエット効果


他のきのこに比べて、えのきが倍以上も含有しているキノコキトサンには、脂肪を燃焼させる効果があります。他にも、食事で摂取した油を包み込んで体外に排出するという効果もあり、体内への脂肪の吸収を抑えてくれます。

えのきのダイエット効果として、最近さらに分かってきた成分がエノキタケリノール酸です。このエノキタケリノール酸は、内臓脂肪を減少させる働きがあることが確認されています。飲むだけで内臓脂肪に働きかけてくれる嬉しい成分ですが、これを摂るにはえのきをお茶にして摂る必要があります。

えのきをお茶にして飲むメリットとは


エノキタケリノール酸は、残念ながらえのきを普通に食べても摂取しにくい成分です。えのきを乾燥させることにより、えのきの成分が凝縮されます。凝縮される行程で食物繊維が破壊され、お茶にするために切り刻むことでエノキタケリノール酸を抽出することができます。

また、えのきを干すことで成分が凝縮されることから、えのきに含まれている他の成分も効率的に摂ることができます。例えば、ビタミンDはカルシウムの吸収率をアップさせる効果があるので、女性に嬉しい効能ですね。

毎日飲んで脂肪燃焼!?えのき茶の作り方


えのき茶の作り方は、まずはえのきを天日干しにして、黄金色になるまで乾燥させます。この時、えのきの石づきを取って、ばらばらにしてしっかりとほぐして乾燥させると乾燥させやすいです。

乾燥したら、えのきを細かく切り刻み、保存容器に乾燥材を入れて保存しましょう。お茶にする時は干しえのき5gに対して300~500mlのお湯で抽出するのが目安です。

30分以上たって充分成分を抽出してからいただきましょう。飲み終わった後のえのきは、そのまま食べたり、スープや味噌汁の具としても使えるから、余すところなく使えますね。

えのきはスーパーなどで通年手に入りますし、値段も量が多い割りにお手頃です。ご家庭でえのき茶を作って、ダイエット効果を確かめてみてはいかがでしょうか。