ダイエット茶に興味はあるけれど、種類が多すぎて何を飲んだら良いのか分からないなんて時には、ギムネマ茶を飲んでみると良いかも知れませんよ。

ギムネマはダイエットサプリにもよく使われているので、名前くらいは知っているけれど、具体的に何に効くのかは分からないなんて方も多いのではないでしょうか。

ギムネマは正式名称はギムネマ・シルベスタと言い、インドが原産のつる科の植物で、この葉を乾燥させたものがギムネマ茶となります。

ギムネマ茶がダイエットになる理由は?


ギムネマに含まれるギムネマ酸には、小腸で糖分か吸収されるのを抑える性質があります。糖分の吸収量が減れば摂取カロリーも減りますし、血糖値が急激に上がってしまうのを防ぐ作用もあるため、エネルギーの消費効率が上がり、太りにくい体作りに役立ちます。

血糖値の急激な上昇を抑える作用がありますが、必要以上に下げ過ぎてしまうことはないため、低血糖症を起こしにくく、過食の発作も起こりにくくなるんです。

ギムネマ酸には舌の甘みを感じ取る部位を一時的にマヒさせる性質もあるため、スイーツはもちろん、普段の食事の甘みも感じにくくなり、旨みが薄れて食欲が落ちるため、いつも食べ過ぎてしまうという方の食欲抑制効果も期待できますね。

ギムネマ茶っていつ飲めば良いの?


ギムネマのダイエット効果は、あくまでも糖質に働きかけるものなので、食間に飲んでも意味がありません。まれに食間を食事の途中と勘違いされる方もいますが、食間とは、食事と次の食事の間の意味で、基本的には食後2時間程度の事を指します。

ギムネマは口に含んで1~2分で甘味を感じにくくし、その効果は約1時間程継続します。食事の味は楽しみたいけれど、糖分の吸収を下げたいと言う時には、食事直後に飲むようにしましょう。

食べ過ぎ防止や間食癖を治したいという時には食前に飲むようにしましょう。

糖質をカットするからといって油断しないで


ギムネマで糖分を減らすから、少しくらい食べ過ぎても大丈夫なんて思ってしまうと、脂質や糖質の摂り過ぎでカロリー過多になり、ダイエット効果が得られなくなってしまいます。

食事の味を楽しむために食後にギムネマ茶を飲む場合は、血糖値を急激に上げてしまう砂糖や炭水化物の多いものはできるだけ食事の最後の方に口に入れるようにしましょう。

先に胃の中に食物繊維を多く含むものが入っていると、血糖値の上昇が緩やかになるため、食事の最初にはサラダや海藻を使ったスープや酢の物などを摂る習慣を身につけると良いですね。

スイーツや食事量を減らしたいならギムネマ茶

ギムネマが糖質に効くと言われても、あまり甘いものは食べないから意味がないと思いますか?糖質というのは何も砂糖だけではありません。

果物の甘味、ご飯やパンなど炭水化物の多いもの、芋類やトウモロコシに含まれるデンプンにも糖分は含まれています。もちろん調味料にも糖分は入っていますよね。

美味しいものはいくらでも食べられてしまうというのなら、食前に飲んで食べ物を美味しく感じなくしてしまえば止まります。食事は美味しく食べたいけれど、ダイエットもしたいというのであれば、食事終了直後に飲んで、糖の吸収量を減らすようにしましょう。

ギムネマ茶は甘みを感じにくくし、小腸で糖が吸収される量を減らし、血糖値を安定させる作用がありますが、お茶を飲めばいくら食べても太らないという魔法のお茶ではありません。お茶を飲んでいるからと言って油断して食べ過ぎないようにしましょう。