紅茶は自宅で淹れる以外でもコンビニなどでも手軽にペットボトルや紙パックで購入できるとても身近なお茶の1つです。この紅茶でもダイエットに有利になる成分が含まれています。

ただし紅茶でダイエットをするにしても、いくつかポイントはあり、ミルクなどを加えるかどうか飲むタイミングなどにも気を付ける必要はあります。それと分量なども、紅茶によるダイエットのポイントの1つになるのです。

脂肪分の吸収を抑えるための食材

まずダイエットを成功させるためには、脂肪吸収が1つのポイントになります。数ある食材の中には、脂肪分を作り出すための成分が入っている事もあります。それを摂取すれば、体内で多くの脂肪分が作られてしまいます。その分体脂肪率が高まってしまう訳です。

ところで全ての食品に、脂肪吸収を促す効果がある訳でもありません。各食品によって特徴は異なるのです。したがってダイエットしたい時には、体脂肪に関する吸収を抑制してくれる食材が望ましいのです。

脂肪吸収の抑制効果がある紅茶

ところで紅茶の中には、様々な成分が含まれています。カフェインやポリフェノールなど色々含まれている訳ですが、後者は上記でも触れた脂肪吸収に関わってくるのです。ポリフェノールには様々な効能がありますが、いわゆる脂肪類の吸収を抑えてくれる力が見込めます。

もともとお茶は、全体的に脂肪吸収の効果が高い製品もたくさんあります。ウーロン茶プーアール茶や緑茶なども脂肪吸収の効果が見込める訳ですが、紅茶もそれは同様なのです。

脂肪をエネルギーに変換しやすくする紅茶のカフェイン

紅茶に含まれるカフェインも、ダイエットに有益で脂肪燃焼効果が期待されます。そもそも体内にある脂肪分は、常にエネルギーに変換されていて燃焼していることと同等なのです。

体を動かした時には体温が上がり自然と暑くなりますが、それも脂肪分が燃えているからです。紅茶に含まれるカフェインは、優先的に脂肪を消費させる働きがあります。そもそも体内にあるエネルギー源は、脂肪だけではなくほかにも存在していて、それぞれ優先順位が異なります。

状況によっては脂肪を消費させるよりも、他の物を優先的に処理させる方が望ましい事もありますが、脂肪が消費されなくては、なかなか体脂肪率が減少せず痩せられません。後回しにされがちな体脂肪をを優先的に処理させるよう働きかけてくれる訳です。ですから紅茶を摂取すると、体脂肪分も減少しやすくなります。

ミルク、砂糖、分量には要注意

ダイエット目的のために紅茶を飲むにはちょっとしたルールがあります。まずミルクなどは、できる限り加えない方が望ましいです。ミルクや砂糖などを加えるとカロリーがその分多くなりますから、ダイエット効果が落ちてしまいます。

また分量なども気を付ける必要があります。これは紅茶に限ったことではありませんが飲みすぎてしまうと、どうしても胃腸に対して大きな負担が掛かってしまうためです。胃痛や腹痛などが生じてしまう事がありますから、あまり良くありません。

飲むタイミングも重要

それともう1つポイントがあって、紅茶はできる限り食後に飲む方が望ましいです。また食事中にそれを飲むのも、有効ではあります。というのも紅茶がダイエット効果を発揮してくれるか否かも、タイミング次第だからです。

食事前に紅茶を飲んでしまいますと、ダイエット効果が落ちてしまう傾向があります。この時にも、紅茶の分量には注意を要します。やはり大量に飲んでしまうのは、望ましくありません。1回あたりの分量は、400cc以下に抑えましょう。