便秘体質というのはダイエットしたい、痩せたいという人にとって大きな問題ですよね。便秘が酷いために痩せられない、痩せにくくなるといわれています。

便秘はお肌の調子も悪くなりますし、腸の中で便が動いているからかチクチクとした痛みもあったり、食欲不振、体調も優れない、むくみ、セルライトの増加などのダメージを与えます。

お肌のトラブルはメイクをしなくてはいけない女性には辛いところです。ニキビができるとファンデーションも乗りませんし、メイク落としが刺激となって治りにくいこともあります。やはり顔は見えるところなのでニキビができると嫌ですよね。ニキビ跡になりやすい人は特に辛いですね。また、便秘は肌のクスミの原因にもなったりと、美容面でもまったくいいことがありません。

便秘解消にいいお茶で便秘予防

便秘が続くとポッコリお腹も目立ってきます。1日や2日ならまだいいのですが、2週間も3週間も出ないというのは特に女性に多い便秘のタイプです。こうなると、たかが便秘とは言えなくなって、食事もおいしくできませんから生活に悪影響が出てしまいます。

便秘を早く解消するために便秘薬、下剤を飲む、浣腸に頼ることも少なくないですよね。薬を使うとほぼ確実に結果が出てくれるので、ついつい市販のスルーラック、コーラック、漢方便秘薬などの便秘薬を飲むという方も多いと思います。便秘が解消されればなんだかそれだけで痩せたようにも感じますし。

体質や生活習慣、食事の好みなどから便秘になっている場合はすぐに便秘自体が直ることはありません。しかし、便秘薬は効果がある分、薬物耐性といわれる癖になる、効き目がなくなるなどの問題もありますし、まずお腹が痛くなるのが大変ではないでしょうか?

慢性的な便秘の場合は便秘薬のを飲む回数が増えるのでこういったお薬は使わずに、便を柔らかくしてくれるという効果などがある便秘にいいお茶を飲むことで便秘自体になりにくくなります。

ダイエット茶は便秘解消茶でもある

排便できずにいるというのは、デトックスがずっとできていないことになります。汗をかいたり、たくさんお水を飲んで利尿効果が良くするなどがデトックスに有効といわれていますが、人体で一番大きなデトックス効果が見込めるのが排便なんです。

「デトックスできてない=便秘」というのはどんどん不必要なものを体にため込んで痩せられない体質になっていくことなのでダイエットには便秘は大敵です。

ダイエットに活用されるお茶は中国茶、ハーブティー、日本茶(緑茶)、ブレンドなどいろいろな種類がありますが、痩せるとされているお茶は必ずと言っていいほどこの便秘解消に役立つ成分が含まれています。

また、お茶を積極的に飲むようになることで、水分不足を解消することができ、便が柔らかくなるので便秘にもいい影響があります。

プーアール茶で便秘解消


茶にはダイエットティーとして知られていますが、胃腸の動きをより活発にさせる効果が期待できるポリフェノールが含まれています。下剤のようにはすぐには効きませんが、毎日のお茶をプーアール茶にすることで便秘予防・解消につながっていきます。

ステビア、キャンドルブッシュを含むお茶


ステビア、キャンドルブッシュなどが便秘に効果がある成分として人気があります。ステビアは利便効果があって、働きの悪くなった腸を刺激してくれ、ぜん動運動を促してくれます。

便秘解消茶に多く含まれるキャンドルブッシュは要注意

ブレンドティータイプの便秘茶に含まれることが多いキャンドルブッシュにはフラボノイド(アントラキノンなど)が含まれていて下剤のような働きをして便秘を解消することができます。

キャンドルブッシュの下剤作用は強い効き目が売りなのですが、効きすぎてしまったりお腹が痛くなるということもあるようです。このキャンドルブッシュが含まれているお茶は効果が高いのですが、毎日飲むものではなく、便秘が続いたときに便秘薬のように使うのがいいでしょう。

効き目が強いので、腹痛もありますし、腸内が荒れてしまうとこもありますからダイエット目的で連続で毎日飲むというのは避けるようにしましょう。